学べる地学

エディアカラ生物群

エディアカラ生物群とは

先カンブリア末に存在していた生物群
それ以前の生物に比べて大きな体を持っている。
最初に発見されたのがオーストラリア南部のエディアカラ丘陵だったことから、この名前がつけられている。

エディアカラ生物群の特徴
  • それ以前の生物と比べると体が大きく、中には1mを越える体長の生物もいた
  • 体の中に骨格や殻などの固い部分がなかった
  • 口や牙を持っている生物がいないことから、肉食動物がいなかったと考えられている

 

空気塊くん
空気塊くん
上のイラストに描いているのはチャルニオディスクスとディッキンソニアだよ
三葉虫くん
三葉虫くん
縦長の葉っぱみたいな方がチャルニオディスクスね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。