学べる地学

ハドレー循環

ハドレー循環とは

低緯度付近で発生している大気の大循環。
赤道の熱帯収束帯で空気が上昇して、緯度30°付近の亜熱帯高圧帯で空気が下降している。

空気塊くん
空気塊くん
地球で発生している大循環では一番大規模なものだよ

ハドレー循環の「ハドレー」は人の名前です。
ハドレー(1685〜1768)はイギリスの気象学者です。貿易風の原因を考えました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。