学べる地学

年周光行差

年周光行差とは

地球の公転によって生じる、星が見える位置の変化のこと


年周光行差は実際に星がある方向に対して地球が直角の方向に進むときに値が最大になります。その値は星の種類に関わらず20.5″です。年周視差と違って恒星までの距離では変化しません。

アンモナイト先生
アンモナイト先生
年周光行差は年周視差と並んで地動説の証拠として有名だよ

年周視差よりも年周光行差の方が値が大きいので、年周光行差の方が先に観測されました。

空気塊くん
空気塊くん
1725〜1726年にイギリスのブラッドレーによって観測されました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。