学べる地学

風が吹く仕組み

風が吹く仕組み

空気の流れが風である。
空気にはたらく力は2つありその力によって空気が動き、風が吹く。

空気にはたらく2つの力

気圧差によってうまれる気圧傾度力
地球の自転によってうまれる転向力(コリオリの力)

うさぎさん
うさぎさん
気圧差がうまれると風が発生するんだね
でもなんで気圧差がうまれるの?
空気塊くん
空気塊くん
基本的には温度差があることで気圧差がうまれるよ
温度差が気圧差になる仕組み
  1. 寒い場所と暖かい場所ができる
  2. 寒い場所では空気が冷やされて重くなり高気圧になる
  3. 暖かい場所では空気が暖められて軽くなり低気圧になる
  4. 高気圧から低気圧に向かって気圧傾度力が発生
  5. 風が吹く

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。