楽しむ地学

【こどもむけ】ひらがなで「どんじゅらりん」に でてくる きょうりゅう について わかりやすく しょうかいします

こんにちは わたしの なまえは ちがくのまも です。
地学のまも

きょうりゅう に ついて くわしい せんせい みたいなもの です。

このぺーじを みてくれている きみは きょうりゅうが すきですか?

いまから 「みいつけた!」で うたわれている 「どんじゅらりん」 に でてくる きょうりゅうについて しょうかいします。

まず すいちゃんが 「あれは あれは ぷてらのどん」 と いいますよね。

ぷてらのどん を いまから せつめいしますね。

ぷてらのどん


ぷてらのどん は そらを とびます。

きょうりゅうだと おもわれて いますが、せいかくには よくりゅう といい、 きょうりゅうでは ないです。

はくあき と よばれている じだいの さいごのほうで とうじょうしました。

あたまの とさかが かっこいい ですよね。

ちなみに あたまの とさかで おす か めす か みわけることが できます。

さんたさんの ぼうしみたいに さんかくけいで とがっていたら おす です。
まんまるい かたちを していたら めす です。

「どんじゅらりん」に とうじょうする ぷてらのどん は とさか が さんかくけいで とがって いるので すべて おす です。

いぐあのどん


すいちゃんが きもちよさそうに のっている きょうりゅうが いぐあのどん です。

はくあき の さいしょのほうに たくさん せいそくしていました。

いぐあのどん は せかいで 2ばんめに なまえが つけられた きょうりゅう です。

(ちなみに 1ばんは めがろさうるす です。)

おいしゃさんの まんてる という ひとが かせきを はっけんしました。

いぐあのどん は こどもと おとなで あるきかたが かわります。

おとなは 4ほんあしで あるきます。

こどもは 2ほんあしで あるきます。

「どんじゅらりん」に とうじょうする いぐあのどん は 2ほんあしで あるいているので こどもです。

でぃもるふぉどん


ぱぱが でぃもるふぉどん に へんしんしていましたね。

でぃもるふぉどん は ぷてらのどん とおなじ そらをとぶ よくりゅうです。

よくりゅうの なかまのなかでも さいしょのほうに たんじょうしたのが でぃもるふぉどん です。

ぷてらのどん より だいぶ むかしの じゅらき というじだいの さいしょのほうで せいそくしていました。

あたまが おおきいことが とくちょうです。

おおきさは ぷてらのどん のほうが 4ばいくらい おおきいです。

でぃもるふぉどん のほうが ちいさくて かわいいですね。

ぶるかのどん


ままが ぶるかのどん に へんしんしていましたね。

ぶるかのどん は りゅうきゃくるい です。

りゅうきゃくるいは きょうりゅうの なかでも、1ばんおおきい ぐるーぷ です。

ぶるかのどん は そこまで おおきくありませんが、りゅうきゃくるいの なかには からだの おおきさが 30めーとるを こえるものも います。

ぶるかのどん は りゅうきゃくるいの なかでも、さいしょのほうに とうじょうした きょうりゅうです。

じゅらき というじだいの さいしょのほうで せいそくしていました。

とりけらとぷす


とりけらとぷす は はくあき うまれですね。

えりまきとかげ のように かおの まわりに ひろがっているのを えりかざり といいます。かっこいいですね。

とりけらとぷす は つのりゅうるい という ぐるーぷのなかで、1ばんさいごに たんじょうしました。

1ばんさいごに たんじょうしたのに 1ばんゆうめいで 1ばんおおきい です。

どれくらい おおきいかというと めのうえの つのだけで 1めーとるも あります。

からだは おおきいですが、しょくぶつを たべていました。

ちなみに つのりゅうるいには とりけらとぷす と おなじように けらとぷす という なまえがついた きょうりゅうが たくさんいます。

さいごに

どんじゅらりんは きいているだけで たのしいきもちに なれる きょくです。

きょうりゅうのことを しることで このきょくを もっとたのしんで もらえたら うれしいです。

もっときょうりゅうのことを しりたくなったら ぜひ じぶんで しらべてみてください。

みらいの きょうりゅうはかせへ

きょうりゅうについて このほんで しらべました

小学館「小学館の図鑑NEO 恐竜[新版]」
技術評論社「リアルサイズ古生物図鑑 中生代編」著:土屋健

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。