学べる地学

周辺減光

周辺減光

太陽の明るさが、中心ほど明るく、周辺ほど暗く見える現象
太陽がガスで形成されているから起こる

周辺減光のしくみ

太陽の温度は中心ほど高く、外側ほど低い。
太陽はガスでできているので、表面から少しだけ深いところまで見ることができる。

観測者から見て中心付近では太陽の深いところを見ていることになるので、温度が高く、明るく見える。

観測者から見て周辺付近は太陽の浅いところを見ていることになるので、温度が低く、暗く見える。

空気塊くん
空気塊くん
この現象は太陽がガスでできているから発生するよ
空気塊くん
空気塊くん
例えば表面が岩石の月の場合、光が乱反射するので、明るさは均一に見えるよ
うさぎさん
うさぎさん
へぇー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。